バイト・パート事情 ブラック企業の酒屋での仕事のお話

【サービス業終了のお知らせ…】サービス業界終わった日本しね。もはや限界。ここまでふざけたバイトばかりじゃこの国は確実に滅ぶ…。賃上げに増税何が働き方改革だ…ちっとも景気も良くならない安倍政権への怒り。

どうも自分です☆今回はこんな信じられない話題だ…
NOBU
オーディエンス
へぇそれは気になりますねぇ~何だろう?

1.昨今の人件費の高騰!

 

うちの会社では基本的にギリギリの人数しかシフトに入れていません。

サービス業なんで土日の人の人数も集まらなかったりもありますが、人件費の高騰で会社も人件費に関してはかなりうるさい現実があります。

 

うちの店を例に出すと、朝(9時半~17時)と夜(17時~21時)に分かれていて、朝は5人(社員2人+バイト3人)夜は4人(社員2人+バイト2人)といった感じだ。

 

そして僕が休みだった先日の日曜日事件が起こる。

 

 

 

 

2.こんな事が本当にありえるのか

ある日曜日、いつものように朝のシフトにはバイトの男が3人入っていた。そのうちのまず1人から僕に連絡があった。よく覚えておいて下さい!

今回の主役はこの3人の大学生の男のバイトです。以下、バイト①、バイト②、バイト③と表現します。

 

※基本的に最近のバイトは店に電話はして来ず、休むにしてもLINEだ。その日いる社員2人はLINEはしていない(スマホじゃないため)ので

自動的に僕に連絡が来てそれを僕が店に連絡をするという1手間多いめんどくさい事をしなくてはならない。

 

朝の9時に来た一人目のLINEでの欠席の理由は…

 

クズのバイト
 今日ちょっと風邪で熱があるんで休ませて下さい。

 

出たよ出たよ…w

 

ど定番で来たな。

 

わかった。店に連絡しとくわ。
NOBU

 

クズのバイト
お願いします。ゴホゴホ。

 

ふぅ。まず1人が消えた。普段ならこれで終わりだ。

でもまだ2人バイトもいるし1人頭の仕事量は増えるがまだ店は何とかはなるレベルだ。しかし今回はこれでは終わらない…

 

このLINEの5分後次はバイト②からLINEが来る。

 

 

クズのバイト
おはようございます。 すいません。思いっきり寝坊してしまいました。 遅刻します。今から1時間半ほどだと思います。 すいません。

 

 

こいつは兵庫県から通っている。つまり寝坊では済まない、僕の店は大阪だ。つまり1時間半掛かる。

そ…そうか。わかった。
NOBU

 

そして僕も用事があったため、電車で出掛けていたその車内で10時半頃またバイト②から連絡があった。

クズのバイト
すいません。 めっちゃ体調悪くて救急病院行ったらインフルエンザの可能性があるって言われて

大人しく寝てなさいって言われたので、急で申し訳ないんですが、1週間ほど行けそうにないです

 

ここで2人目もアウトが確定…流石にやばいが僕ももう出先な為会社には行けない。しかももはや意味が分からない。

店に向かっていると思われていた寝坊助のバイトは何故か救急病院でインフルの疑いだ!?お前は一体何がしたいんだ?

 

仕方ないのでとりあえず最後の綱で出勤しているはずのバイト③にLINEでバイト②のインフルで欠席を伝えた。

 

バイト③君へ。バイト②君がインフルで休みになるから人おらんくてしんどいと思うけど頑張ってくれ!
NOBU

 

そうするとバイト③から帰って来たLINEの返事で僕は言葉を失った。

 

クズのバイト
お疲れ様です!僕も体だるくて行くのお昼くらいになります。

 

嘘だろ…。お前も出勤してなかったの!?笑

 

更に驚くことにこのバイト③は体だるくてしんどいと言うのを会社には連絡していなかったところ。それを連絡していた相手がバイト②だったのだ。

 

つまりバイト③からすればバイト②が出勤しているものだと思いバイト②に「ゴメンしんどいから昼から行くわ」と言ったもんだ。

しかしバイト②も寝坊+インフルでそれどころではなく出勤もしていなければ会社にも連絡してない。

 

つまり誰一人として会社には連絡しておらずお昼にバイト③が来るまではまさかの2オペ。いやいやうちの店の広さ的にも2人じゃどうしようもないよ。鳥肌が立つわ。

唯一してるのは僕がしたバイト①の風邪での欠席だけだ。

 

そしてバイト③が来たのは1時半頃だったらしい。それまでは社員2人で店中走り回って店を回してくれていたと後日談で僕は聞いた。

気を使ってくれてバイトが誰一人来なく連絡もないことに不思議に思って呆れ返ったが僕に心配させまいと僕には連絡はしなかったそう。本当に感謝だ。

3.年々下がるバイトのクオリティー

てか今回のケースそんなことが本当にあるのか!?バイト3人もいるんだぞ…

 

あまりにも怖い。これがこれからのサービス業のリアルなのか。

これじゃあ一体何人余分に人入れないといけないんだ。ここまで予測してシフトなんて組めっこない。

 

確かにここ数年でうちの会社のバイトでまともな奴はただの1人も入って来てはいない。みんなこの上で書いたような奴らとどんぐりの背比べだ。

これから恐らくどんどんこれ以上のレベルにイカれたバイトばかりになってくるのは目に見えている。

 

もはや最近のバイトは怒ってもキレても意味がない。だってすぐ辞めちゃうから。自分が損するだけ。そこまで育てるのに掛かった人件費も

求人(バイトルとかタウンワーク)に出したお金全てが無駄。会社も損し、そして人がいなくなれば僕達社員の休みもなくなる。

 

これを見て僕はサービス業は終わったと感じた。

4.どこのサービス業も現状は同じか…

最近同じような事例はよく僕の周りでもよく起きていた。

 

あの大手お弁当チェーン店のほっかほっか亭があまりの人員不足でなんと一番の稼ぎ時であるお昼の営業をストップしていたのだ。これには驚いたな。あれだけの大手でまさかだ。

 

他にも僕の家の近くにある人気のラーメン屋さんが2号店を出すことになり、オープニングスタッフを募集していたが全然来ず

まさかの本店を営業停止にしてなんと本店のスタッフが2号店を手伝いに行くという本末転倒ぶりだったり。

 

大阪にある大手スーパー万代なんかは高校生のバイトなんかもよく採用しているのでもはやネタの宝庫。行く度に何かある。

ボンカレーのPOPで並んでいるのはネスカフェコーヒーだったり、1ケースの値段を1本の値段で表記したりともはや無茶苦茶。

 

このようにサービス業界は限界に来ている。

僕の住む町は大阪だが大阪の最低賃金はなんと今や936円だ。

しかしバイトのクオリティーは年々下がり続けている。僕がバイトだった頃の800円ぐらいの頃の方がよっぽどいい人材がいた。今ではもう信じられないぐらい。

もはや今は上がるのはバイトの給料や消費税や年金、税金のみだ。

 

バイトの時給なんて上げるよりも僕達社員の給料をどうにかして欲しい。働き方改革もクソもない。

どんどん働きにくくやる気のなくなる社会に最低でもサービス業は向かっていっているのは感じる。

 

これではサービス業を就職先に選ぶ若者が減るのも目に見えている。だってバイト達は僕達が休みなくボランティアのように会社で働く姿をみているのだから…。

 

これからさらサービス業を選ぶ人間は減るだろう。そしてさらにサービス業は死んでいく。それが未来だ。今の人材と人員数で安定したサービスなんてお客さんに提供できる訳もないからだ。

このままでは国も終わるだろう。災害より先にね。

 

名言を借りるなら、「サービス業界終わった日本しね」ですね。w

 

そう感じながら今日も鬼気迫る思いでアフィリエイトを頑張る自分でした★

 

ではまた。

5.アンケート投票受付中☆

-バイト・パート事情, ブラック企業の酒屋での仕事のお話

Copyright© RE:ブラック企業から始めるアフィリエイトブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.