バイト・パート事情 ブラック企業の酒屋での仕事のお話

【パートはただのバイト】違うんだよなぁ~その働き方…会社にとっても社員にとっても迷惑なパートのおばちゃんの働き方について。所詮は何も考えてないバイトだな。

 

 

どうも自分です☆今回はこんな気になる話題だ…
NOBU
オーディエンス
へぇそれは気になりますねぇ~何だろう?

 

違うんだよなぁ~その働き方有難くない、ただの迷惑だ。

 

 

まず最初にうちの会社はブラック企業です。基本的に1日12時間労働週6日勤務。

そんな会社なんですがブラックになる原因は沢山ありますが、うちの1番の原因は薄利多売だからです。

 

安く売るが故に利益率がない。儲からない。でも商品は仕入れて回さなければならないの繰り返しを薄利多売の負のループといいますね。

最近では最低賃金の高騰でこれに拍車を掛けている感がありますが、さらに問題だなと最近思うこと

それがパートのおばちゃんたちの客への無駄に親切な接客や対応である。

 

どういう意味か?

 

これは正直あまり悪くは言いたくないが、うちの会社でも店がオープンしたときからいるという

超ベテランのパートのおばちゃんがいる。60歳ぐらいかな。勤続約30年といったところか。

 

 

ベテランでお客さんへの対応は良いのだが、最近の最低賃金の高騰と売り上げの減少でその働き方にも問題が出てきていると感じる。

 

他の店のパートのかたみんながみんなそうではないと思うが、僕がその愛想のいいパートのおばちゃんに思うことそれは…

何年いようと所詮はバイトだなって事。

つまり、いくら愛想が良くて勤続が長くても社員ではない。意識が低く、会社の現状や売り上げのことなんてちっとも考えていないということだ。

 

僕的にはこれが会社の社員とバイトの大きな差であると感じる。

 

社員ならもちろん会社の売り上げが落ちていれば改善策をとる為に考えなければならない。

最近で言うなら、何度も書いているが最低賃金の高騰である。これにより人件費ばかりがどんどん上がっている現実がある。

 

例えば僕もシフトを組むので、人はなるべく削って店を回せるギリギリしか入れない。まぁ最近の若者はあまり働かないけどね。

これは社員だから感じることで考えることなのだ。

 

パートのおばちゃんにはなんの関係もないこと。愛想はいいので来るお客さんお客さんとレジでよく喋る。もちろんお客さんとのコミニケーションも必要だ。

しかしよく考えてくれそのペチャクチャ喋っている時間もあんたは高い時給が発生しているんだ。それにはその人は気付かないし頭も回らない。

 

そして向上心が無い。もはや毎週のことだからだろうが仕事に来ることが日常の1部になってしまっている。

 

だからか、例えば商品の知識を深めようとかそんなのはない。お客さんに少し分からないことを聞かれたらすぐ僕達社員に尋ねる訳だ。

 

僕達社員はあなた達バイトと違って暇ではない。例え店が暇でもすることは山ほどある。

そのパートのおばちゃんが成長して知識を深め、自分1人で解決できるようになって欲しいわけである。

 

だって30年もいる会社なんだから。成長しろよ。勉強しろよ。意識低いんだよ。いい加減にしろ。

言いたくは無いが給料泥棒のようにさえも感じてしまう。所詮は社員でなくバイトのパートのおばちゃんについてでした。

 

ではまた自分でした☆

-バイト・パート事情, ブラック企業の酒屋での仕事のお話

Copyright© RE:ブラック企業から始めるアフィリエイトブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.