ブラック企業の社員の名言 ブラック企業の酒屋での仕事のお話

【ドケチさ全開!】ガメツ過ぎる社長の経営方針…1つの無駄も許さない!?ダンボール1個も貴重な会社の収入源!?

どうも自分です☆今回もうちの社長の発言シリーズ!
NOBU

1.どこまでもガメついダンボール1個、紙1枚、クリップ1個、輪ゴム1個、付箋1枚も許さない!

ウチの会社はとにかくガメつく、床に落ちてるいるクリップや、輪ゴム。

紙も割りと重要なずっと残して置かないといけない資料でも裏紙(裏面は既に使って印刷されている)を使うケチさ。不用意に白紙なんて使えない(笑)

 

使える裏の白い紙は全部メモ用紙にする為にカッターで裁断!もうそれする為の人件費考えたら、ダイソーでメモ用紙買った方がよっぽど安いと思うけど(笑)

今の大阪の自給は964円。10分で約160円

 

つまり人件費的には10分紙切ってるならDAISOのが安いよw

社長それ計算する頭持った方がいいよ!w

ドケチの銭ゲバなのにそんな小学生並みの計算が出来ない経営者…

 

あんたバカァ?と新世紀エヴァンゲリオンの惣流・アスカ・ラングレーに言われそうです。w

 

最近の社長の発言でドケチ根性が染み付いてるなぁ〜って染み染み思ったのがこの発言…

2.『おい、おい、ダンボール1個も金になってるんやからポンポン客に渡すな!』

これです(笑)

 

皆さんびっくりしませんか?僕はびっくりしましたよ(笑)

 

皆さんスーパーでよくダンボールのご自由にお持ち帰り下さいってコーナーををよく見かけると思います。

 

しかし、ウチの会社の場合は業者が毎日外に放り出してるダンボールを回収して行き、月末に1ヶ月分のダンボール代として数千円を貰う訳ですが、これが上の社長の発言に繋がって来ます。

そう、ダンボールもれっきとした会社の収入だ!という考え方ですね(笑)

 

分かるんですよ、言ってる事はね。

でもたかが知れてるやん。

ウチの店から出る1日のダンボールの量のエグさ…だって毎日毎日業者が回収しに来なきゃなんないぐらいなんだから。

 

もうダンボールの川になってますから(笑)

 

その内の1個や2個ですよ?もうええやん!気持ち良くあげろよ。店の常連さんやねんから。

 

そのダンボール1個の価値なんて0.1円ぐらいやん。てかお客さんからしたら外に捨ててあるゴミやと思ってるよ。

 

だってスーパーではご自由にお持ち帰り下さいなんだから。

 

ホントに器の小さな社長のお話でした。

では、また自分でした☆

 

-ブラック企業の社員の名言, ブラック企業の酒屋での仕事のお話

Copyright© RE:ブラック企業から始めるアフィリエイトブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.